2014年9月6日土曜日

2014/09/06 その3 AngularJS福岡勉強会(第2回) - Directiveの自作 -

01.directive - restrict: 'EAC' -



    <!-- restrict: 'E' -->
    要素名で置き換え!
    <ore-panel ></ore-panel>
    
    <!-- restrict: 'A' -->
    属性名で置き換え!
    <div ore-panel="" ></div>
      
    <!-- restrict: 'C' -->
    class名で置き換え!
    <div class="ore-panel" ></div>

02.directive - parent scope -


Directive内も外側のスコープが使えます。

03.directive - isolate scope -


Directive内でscopeを宣言し外のscopeと接続する事が出来ます。
こうする事で独自Directiveを作る人は外のscopeの事を考えずに作成する事ができます。
利用する人は属性にパラメータ値を渡す事が出来ます。

04.directive - isolate scope function -


属性に渡すのは値だけでなくfunctionも渡す事が出来ます。
scope:{ 'clicked': '&' } 
引数に値を渡す時はオブジェクトの形を使用します。




twitterのハッシュタグ

質問やこうした方がいいよ〜とかありましたら、↓につぶやいてください〜

#ng_fukuoka

0 件のコメント:

コメントを投稿